2018年10月1日月曜日

ロゼッタストーン



NHKラジオでポル語講座をやっていたのを知ってらじこをネット録画できるアプリを探したりしているうちにロゼッタストーンという外国語習得ソフトに目が行った。
これは半年前にポル語の勉強を始めるときにも気になってはいたけど、あまりにも高価なのと、ヒアリングとスピーキングに特化していたのでそのときはパスしたのだった。
でも香川正子著のニューエクスプレスブラジルポルトガル語を一冊終わったあと文法関係は別に購入する教科書で勉強するとして、ヒアリングとスピーキングは教室に通うしかないなと思っていたところだったのが、ちょうどキャンペーンで3000円と安かったことも幸いしてロゼッタストーンをネット学習することにした。
このポルトガル語のコースは初級~中級まで。中身のレベルは1,2,3の三段階。各レベルの中に4つのユニット(計12ユニット)。各ユニットの中に5つのレッスン(計60レッスン)。各レッスン内に発音や文法など10のテーマ(計600テーマ)。そして各テーマ内に10~40の設問がある。したがって設問の総数は6,000~24,000くらいだろうか。
一日1レッスンこなせば2ヶ月で終わるが1レッスンあたり100~400の設問となるのでかなり大変。一日2テーマならこなす量としては妥当と思うがそれでも300日かかる。

ロゼッタストーンを始めて一週間。僕は一日家にいるのですでに1ユニット終了した。この調子でこのまま1週間で1ユニット進めば3ヶ月で終了のペースだ(あくまで予定)。
デスクトップPCのときはバッファローのマイクだがiPhoneのアプリを使うときはiPhoneの内蔵マイクでそのまま出来る。
このソフトは以前はCDROMを買う高価なシステムだったのが、やがてダウンロード販売になり、最近ではオンラインで出来るようになったのが安価になった理由だろう。オンラインになったことでデスクトップPCでもiPhoneでもiPadでも使えるようになったのはとてもいいと思う。出先でもどこでもレッスンできる。今まで正しい発音が全然できていなかったので、おお、こういうふうに発音するのかとわかってうれしい。何度もまねてしゃべる。



僕は家にいるときは妻の話を聞く一方で自分からはほとんどしゃべらないので発話機能がどんどん退化して声門も萎縮しているのを自覚していた。少ししゃべるとすぐに声が枯れる。
でもロゼッタストーンをやりだしてからやたらめったらしゃべる、しゃべる、しゃべる。
それが一番うれしくて脳も喜んでいる。


2018年9月24日月曜日

過去完了(大過去)

「ニューエクスプレスブラジルポルトガル語」香川正子著 白水社の第18課のテーマは過去完了。
過去完了というのは例えば
「パウロが教室に入ったとき、授業はすでに始まっていた」
のように、過去の目線でそれよりさらに過去(大過去)の出来事を叙述する文体だ。
「パウロが教室に入ったとき」(過去)、「授業はすでに始まっていた」(大過去)
過去が自分よりもさらに過去を見る目線。

さて、本文は男女の会話の一場面。
ブラジル留学中の麻里が友人のパウロにマルシアの電話番号を教えてほしいという。
その慌てた様子を見てパウロはどうしたの?と尋ねると麻里は、
「私達は今晩外食する約束をしていたんだけど、目が覚めたらすぐに私の歯が痛み始めたのよ」と。
パウロ「それじゃ、つまり君は今日の夕飯をキャンセルしなきゃいけないというわけだね」

と、そういう場面だ。
僕は今例文の日本語をポルトガル語に訳す練習をしてるんだけど、前述の「私達は今晩外食する約束をしていたんだけど」は当然不完全過去で、
A gente combinava de jantar fora esta noite, だろうと思ってテキストを見たら、
"A gente tinha combinado de jantar fora esta noite,"というふうに過去完了だった。
え?過去完了?

「パウロが教室に入ったとき、授業はすでに始まっていた」が過去完了なのはすんなり理解できるけど、「私達は今晩外食する約束をしていたんだけど、目が覚めたらすぐに私の歯が痛み始めたのよ」が過去完了というのはどういうことだろう。約束をしたのはただの過去じゃないか。

だいぶ考えてようやくわかった。つまりこの文章はこういう意味なのだ。
「歯が痛み始めたとき(過去)にはすでに外食の約束をしていた(大過去)」

なるほど。僕の頭の中では過去完了というのは必ず「~したときにはすでに~していた」という文型をとるものであって、そうでないものは過去完了ではないと(知らないうちに)思い込んでいたわけだ。
そうではなくて「なにかとりかえしのつかないことがおこってしまっていた」という意味合いの場合は、あるいはそんなに大げさでなくても前段の文章と後段の文章に時間差がある場合には過去完了が潜んでいると考えるべきなのだ。
さらに言えば「私達は今晩外食する約束をしていたんだけど、目が覚めたらすぐに私の歯が痛み始めたのよ」という文章の後段だけ替えて、「私達は今晩外食する約束をしていたんだけど、そのお店は去年閉店してたのよね」とすれば前段が過去で後段が大過去になる。同じ文章なのに大過去になったり過去になったりする。どちらが意味上の大過去かは文体ではなく文章の内容から判断しなければならない。
そうすれば仮に前述の「パウロが教室に入ったとき、授業はすでに始まっていた」という文章が「もう遅くなるから授業を始めてたんだけど、しばらくして教室にパウロが入ってきたの」という変化球できても前段は大過去で後段は過去だと認識できるわけだ。

さて、前々回にアップした時制についての考察の中の以下の例文
Eu não tinha pensado nisso.(私はその事を考えていませんでした)は前段も後段もなく、単独で大過去になっている。これはどう考えたらいいんだろう。
「私はその事を考えていませんでした」を大過去とするなら、ここには「~したとき」という過去が省略されていると考えるべきなのだろう。
さらにNão sabia disso.(私はそのことを知りませんでした)が不完全過去なのはこれが現在からの視点であることがポイントなのだろう。

う~ん、時制って自分の国の言葉では意識せずにしゃべっていても、よその国の言葉に書き直すときにどの時制を選択するかはなかなか難しいものがあるなぁ。








2018年9月11日火曜日

elago W3 Stand

elago w3 stand

プー太郎してると今日が何日の何曜日かわからなくなる。カレンダーに付箋を貼っているがこれも貼り直しをサボっているうちに日が過ぎる。むかし実家にあったプラスチックの立方体を入れ替える万年カレンダーみたいなのが欲しくて前からネットで探してたけど、机の上にいろんな物を置きすぎて置く場所がないなぁと。
ふとApple Watchをカレンダーに使ったら解決じゃないかと気がついて、それなら以前は商品としてはとても魅力的だけど別に買うまでもな、と思っていたelago W3という充電スタンドを購入。







elago w3 stand

普段は非表示だけど








elago w3 stand

わずかな振動だけで日付と曜日が。
往年のMacintosh Plus本体の色を正確に再現しているだけじゃなくフロッピーを強制排出させるためのピンホールまで付いていて泣かせる。






2018年8月21日火曜日

ブログを書くことの意味

思いついたことを言語化して外界に出力する。
出力されたものを見返す(これが外界に出力するメリット)。
やがて(仮想的な他者の目によって)気になるところが見つかりそれを修正して再度出力する。
この作業を繰り返すことによって問題の全体像がクリアになる。
場合によっては、そしてそれも稀ではないが書き始めたときの問題が解決してしまってブログにアップする理由が跡形も無く消え去ってしまう。

仮想的な他者の目。
それが、少なくとも僕にとって物事を理解する上での、道具としての「ブログ」の利点であり根幹なのだと再確認する。
あるいはここにこの文章を書くのも、ブログというものをあなたまかせの承認欲求の道具から、「自分にとっての思考の道具」という主体的な視点に組み立て直すためかもしれない。













2018年8月20日月曜日

2つの例文からポルトガル語の時制のことを考える

白水社の「ニューエクスプレスブラジルポルトガル語」香川正子著を今年初めから独習し始めて7ヶ月、全20課のうちようやく第19課までたどり着いた。
今日第18課を復習していて、指示代名詞の2つの例文のところで疑問が湧いた。
その例文がこれ。

Não sabia disso.
私はそのことを知りませんでした。
Eu não tinha pensado nisso.
私はその事を考えていませんでした。

いずれも過去のことを述べている文章だが前者は不完全過去、後者は過去完了で表現されている。

まず前者の「私はそのことを知りませんでした」について。
例えば同じ過去のことを述べるのに「私は昨日銀行へ行かなかった」という文章ならば
Não fui ao banco ontem.
というふうに過去形で表現するわけだが、それと同じように知らなかったことを過去形で
Não sabi disso.と言ってはいけないだろうか。
そしてそれが許されないなら、行かなかったことと知らなかったこと、あるいは「行く」と「知る」の違いは何なのか。

第14課の不完全過去を勉強していて、完全過去と不完全過去の違いを自分なりに考えたのは、
完全過去というのは「終了報告文」(上官殿、私は何々し終わったであります!)ではないかということ。
そして不完全過去というのは「(始まりも終わりもない)過去の『ある状態』を回顧する文」(何々していたなぁ~(遠い目))ではないかということ。
そしてこの二者を区別するには「当時」という言葉を挿入できるかどうかではないか。

例えば「私は昨日銀行に行かなかった」に当時を入れると不自然ですが、「私はそのことを知りませんでした」に当時を入れると「当時私はそのことを知らなかった」となる。
したがって「私はそのことを知りませんでした」は不完全過去で表現すればよい。

じゃあはじめに戻って、後者の「私はその事を考えていませんでした」はどうか。「当時」を入れてみると「私は当時そのことを考えていませんでした」。うん。通じる。じゃあこの文は不完全過去として
Eu não pensava nisso.とすればいいのではないか。でも例文では過去完了で表現されている。それはなぜか。




過去完了というのは「私が家に着いたとき息子は寝ていた」というように「過去から見た過去を」あるいは「過去におけるある状態を過去から見た視点で」表現するときに用いられるが、大事なことはこの文型では「視点が過去のある時点に置かれている」ということだ。

ということはある状態を表現するのに「完全過去」でも「不完全過去」でもなく「過去完了」を使うべきかどうかを判断するには「そのとき」、いやもっとピンポイントで「その瞬間」という言葉を仮想的に挿入してみたらどうだろう。
例えば前者の「私はそのことを知りませんでした」では「(その瞬間)私はそのことを知りませんでした」となってちょっと不自然だが、後者の「私はそのことを考えていませんでした」に「その瞬間」を入れると「(その瞬間)私はそのことを考えていませんでした」となり意味が通るので、この文は過去完了を選択すべきだとわかる。「そのとき」なら「当時」のように時間に幅があるけれども、「瞬間」には幅がないので「知っているかどうか」という幅のある事象には適合しないわけだ。

「当時」か「その瞬間」か。詠嘆的か叙述的か。
前者は「(当時)私はそのことを知らなかった」という思い出話的な表現であり、後者は「(その瞬間)私はそのことを考えていなかった」という、回想シーン描写とも言える。
思い出話か、回想シーンか。同じようでちょっと違う。


以上はポル語学習初心者の想像ですので間違っていればご指導下さい。












2018年8月4日土曜日

いろいろ脱線

Pablo Casals Cello Sonata CBS Sony

ニューエクスプレスブラジルポルトガル語の第17課をまとめた単語帳を朝から確認。例文の中に出てきたneve(雪)という単語が気にかかったのでiPhoneアプリの白水社現代ポルトガル語辞典を参照するとneveの動詞はnevar。さらにserra nevadaは雪の積もった山脈とある。
serraはのこぎり。連なる山の峰はのこぎりのような形をしているから、serraが山脈の意味もあるのもうなずける。
シエラネバダ山脈ってよく聞く名前だけどどこにあるのかGoogleで調べたらアメリカのカリフォルニア州とスペインに同名の山脈をみつけた。
多分僕が知っているネバダ山脈はアメリカの方だけど、スペインにもあるのかと思ってウィキで調べているうちに、そういえばスペインの独立運動があったのはどこだったかなと気になって調べるとカタルーニャ。
あぁ、カタルーニャ地方ってよく聞くな。それでウィキでカタルーニャ州のことを調べていると、これがめっぽう面白い地方で、例えば"パセブラには必ずカガネル(排便人形)が飾られ、翌年の豊穣などを祈願する。この時期になると子どもはカガ・ティオー(糞しろ、丸太)と呼ばれる人形を作り、クリスマスに「糞しろ、丸太、糞しろ丸太」と歌いながら人形を棒で叩くと、菓子やおもちゃが貰える。"とか。
まぁ歴史、文化とか見るべきものがたくさんあって、読んでいるとどんどん引き込まれる。
カタルーニャ出身の有名人も多い。ホアン・ミロとかサルヴァドール・ダリとかアントニオ・ガウディとか、ご先祖がここ出身だったアルゼンチンのマルタ・アルゲリッチとか。
パブロ・カザルスもここ出身だった。カザルスの無伴奏チェロ・ソナタはレコードでは持ってるけど、久しぶりに聞きたくなって「クラシック音楽mp3無料ダウンロード 著作権切れ、パブリックドメインの歴史的音源」というサイトでダウンロードしてiTunes経由でiPhoneに入れて聴く。
スペインの歴史のつながりで塩野七生のローマ人の物語を買って読もうかとも思う。47巻もあるから一冊ずつ古本で買ってお風呂で読もうかと。いろいろ脱線。









2018年7月31日火曜日

近況いろいろ

IMG_7340A

ワークアウトはプール通いがメインだったのでファットバイクに乗るのは一ヶ月ぶり。
豪雨で崩落した峠の木橋の手前で引き返してきたけどファットバイクはやっぱり楽しい。
いつも走る帰りのルートに僕が勝手に「悦楽のスラローム」と名付けている場所がある。
山道を下ってくると急に景色が開ける緩やかな連続カーブ。
汗に濡れたスポーツシャツを風に孕ませながら滑るように下っていく。
生きている喜び。


IMG_7343_1A

ニューエクスプレスブラジルポルトガル語は第15課を終えて余すところ5課。この本を終えたらブラジルのポルトガル語(武田千香著)にとりかかるつもり。
ギターはヤマハの憧れのボサノヴァギター名曲選のPRACTICE3まで来た。指の筋肉をリラックスさせるために手をブラブラさせる運動を導入したおかげかバネ指は治った。それでも練習するとやっぱり指が痛くなる。指の痛みが消えてから練習を再開するので2~3日練習しては4~5日休むくらいのペース。進捗きわめて遅し。