2018年6月30日土曜日

陽のルートで生きたい

hydrangea


僕はいろいろと不満や満たされない思いや着心地のわるい服を着ているような、自分の生き方に確信が持てない気持ちで生きているが、いやそうではなくて僕はむしろ不満や気に入らないことを「探しながら」生きているのではないか。そして僕はそういった気に入らないことを見つけてそれを解決するか、あるいは何で紛らわすかを探したり見つけたりすることに生きる歓びを感じているのではないか。
そう考えたのはつまり仕事を退職して不愉快なことが解消されたにも関わらず、今度は自分の中に不満を見つけて鬱々として楽しまない日々を送っているのは、どっちにしろ何らかの不愉快のタネを探しているからではないのかと思ったからだ。

つまり僕は自分で不愉快の種を探して当然自分で不愉快になりそれを紛らわすための妄想探しにこそ喜びを見出していると。

不愉快に対するセンサーの感度が高く、センサーが不愉快を感知したら不満、怒り、攻撃、緊張などの情動が励起される、この反復反射でセンサーから情動へのルートが太くなっており、それを解消するための愉快的解消行動(妄想や購買欲)を生命エネルギーにしているのが僕なのではないか。

そうではなくて一義的に面白いことや喜ばしいことに対するセンサーが鋭敏で、それがうれしさや楽しさといった情動と直結していることが好ましい生き方なのではないか。
そして僕のように「負のセンサーから負の情動を発現させそれを解消することでようやく陽の情動を獲得する人」というのは、ひょっとするとこれまでの生涯で嫌というほど「苦労→ご褒美」パターンを繰り返し自らに課してきた結果生み出されたのではないか?

世の中には(非常に稀だが)あらゆる刺激を陽の情動に変換できる能力を持った人がいる。
そのことに気づいたのは昨日YouTubeで所さんのCM集を取り上げたものの中で劇団ひとりの揚げ足取り発言に対し所さんが間髪を入れず陽気に屈託なく返事をしているのを見て少し感動したからだ。僕だったらすぐに不機嫌になっていただろう。ひょっとすると所さんは負のセンサーからユーモアへのルートが太いのかもしれない。

夜録画していた所さんの世田谷ベースを観る。
「面倒なことが幸せなんだよ」





2018年5月29日火曜日

ファットバイクにいろいろ装着


SpecializedのFatboyにその後いろいろ装着。
まずは前後フェンダー。山道は晴れていてもぬかるみが多くて下半身はおろか顔まで泥まみれになるのでフェンダーを装着することに。
ネットで色々調べた結果フロントはBBBのファットバイク用フェンダー BFD-35。羽根を広げた感じで見た目はスマートじゃないけど実用本位で。実際使ってみると膝から下の汚れは以前と同じだけど上半身にはほとんど泥跳ねがなくなった。ダウンヒルで空気抵抗が・・・というアマゾンのコメントもあるけどレースに出るのでもなければほとんど影響はないんじゃないかというのが僕の印象。

リアのフェンダーはキャプテンスタッグのファットバイク対応の極太泥除けフェンダー。なぜこれを選んだかというと、僕は平地や軽度の上り坂ではサドルは高めに設定、急な上り坂やダウンヒルではサドルを一番下に下げるのですが、一般的なリアフェンダーはサドルを一番下に下げたときにフェンダーとタイヤが干渉してしまう。このフェンダーは取り付けアームに関節が2つあるのでサドルの高さに応じてフェンダーの取付角度を自由に変更することができる。これが素晴らしい!



さっきも言ったけど僕はサドルの高さを結構頻繁に変える。これまでベッセルのラチェットドライバーセットでしこしこネジを緩めたり締めたりしてサドルの高さを変えていたけど、ネットで調べるとドロッパーシートポストという自転車に乗ったままでサドルの高さを変えられる商品があるらしい。でも重いし、軽い製品は高いしで、しかも僕はそこまでの簡便さは望まない。もっと簡単にクイックリリース式のシートクランプというものが世の中にはある(そういえばファットボーイの前に乗っていたジャイアントのMTBもクイックリリース式だった)ことを思い出して、これまたネットで調べるとdkgというメーカーが信頼性があるらしい。で、注文しようと思ったけどサイズがわからない。まず自転車界の用語に疎いのでシートピラーとかシートポストとかシートチューブとかシートクランプとか、それぞれが一体何を指しているのかがわからない。
それであれこれ調べてわかったのは、シートピラーとシートポストとシートチューブは同じものであり、それはサドルの下に伸びている棒のこと。そしてシートクランプというのはその棒が刺さっている筒のてっぺんの部分のこと。クランプというのは留めるという意味だから、この筒のてっぺんを締め上げることでサドルの棒を固定することができるわけだ。だからシートクランプを注文するときには筒のてっぺんの径を指定すればよいということだ。測ってみたファットボーイのシートポスト径は31.0mmでシートクランプ径は35.3mmだったので35mmのを注文。
さっそく取り付けたがジャイアントのときのようにクランプをくるくる回してある程度締めてからクランプを倒してガッチリ締めるもんだと思ってやってみたらクランプが思うように回らない。それでグリグリ回していたら写真でもわかるように一部が削れてしまった。これはオカシイと思いなおして、クランプの対側にあるネジを六角レンチである程度締めておいて、クランプを立てたり寝かしたりすることでシートポストを緩めたり締めたりするのだとようやく気がついた。やれやれ。だけどこの方がずっと簡単で速い。んー、まさにクイックだ。んー、しかし気がつくのが遅い。



それから乗っていて感じるのが股間の痛み。サドルの前の飛び出している部分が股間に当たって痛いので、サドルを少し前傾にしようと思ったがやり方がわからない。
最初サドルを固定している2つのボルトのうち、後ろ側のボルトだけを緩めるとサドルを取り外しできるとわかったが傾け方がわからない。サドルを一番うしろにスライドさせると少し前傾するけど、2本のレールの曲がりのところで固定しているので乗っているうちにギシギシ音がする。音がしないようにかなりギュウギュウ後ろのボルトを締め上げていた(このころは締める力加減の何ニュートンという知識もなかった)。
そのうちにどうも前のボルトがサドルの角度を変えるためのボルトだとようやく気がついた(気がつくのが遅い)。やれやれ。



これは腕にはめるバックミラー。
ファットバイクは走るとブーンと勇ましい音がする。そのせいで後ろから来る車の音に気が付きにくくてヒヤッとする。それでバックミラーを付けることにしたがいろいろありすぎてどれにするかだいぶ迷った。オーストラリアのREARVIZというのがスマートでかっこよかったが、たかが鏡で3000円近くするのはちょっと。それでこちらを選択。気に入ってるけどカーブミラーのような凸面鏡なので遠くの車はかなり小さく映る。平面鏡じゃだめなんだろうか。



これはニーガード。ファットボーイを買って間なしに転倒して左前胸部を強打して痛い目にあったのでネットで調べたが胸部の保護具はどれもあまりに物々しい。ダウンヒルで転倒して膝の皿を割るといけないので、写真を撮るときに愛用しているサバゲー用のニーガードをしてみたら素肌に装着するには固定のバンド部分が当たって痛いし、ペダリングでずれてくる気がしたのでダイネーゼのニーガード(サイズM)をWiggleで購入。送料無料かつ期間限定/¥7,500以上なら¥1,500オフ!だったので6100円で買えた。使ってみた感じは良好。ずれないし。



これはKEENのサンダル(CLEARWATER CNX)。泥跳ねしても帰宅してからホースで上から水をかけて足ごと丸洗いできる。自転車用にはSPD対応のCommuter4というのがあるが、値段が高いし重いし僕的にはガッチリしすぎている。僕が選んだCLEARWATER CNSというのはKEENのホームページから引用すると「水陸兼用サンダル Newport H2 にある機能と、CNXテクノロジーをハイブリッドした Clearwater CNXです。快適な履き心地やサポート機能はそのままに、より軽量化を実現。大地と体をCONNECT(=CNX)し、軽快かつ快適なライフスタイルを送りたいミニマリストに向けたロープロファイルシューズです」とのこと。KEENのなかではかなり軽くて普段履きにも使えそう。このシリーズでも色によっては2万円近くするのもあるけど僕が買ったCANTEEN/BRINDLE(虎斑色むしろマムシ模様か(笑))は不人気色のためか7776円。サイズは普段使いより1サイズ大きめを買うべしとのことで、僕は普段26.5~27なので28を選択。心持ち大きめだったので27.5でもよかったかもしれないが、サンダルだしね。
履き心地はとてもいい。家の中でも履いていたいくらい(笑)。



最後はエルゴンのGP3。ファットボーイに乗っていて感じるのが手と手首の痛み。まぁ前傾姿勢で乗っているせいもあるけど体重がハンドルにかかって、手のひらが痛いし手関節が90度なので手首も痛い。これはなんとかしないとと例によってネットで調べるとサイクリストの間ではエルゴンのグリップが定番らしい。たしかに通常のグリップが線で圧力を受けるのに対しこのグリップは面で受けるので力が分散する。面の角度を変えることで手首の角度が緩やかになる。さらにこのツノのようなものがあるおかげで握りのパターンを自分で選択変更できるわけだ。これは今日山から降りてきたら届いていたので装着しただけ。使い心地はまた今度。




これは今日の山サイ記録(RuntasticというiOSアプリ)。最近は毎日高低差380メートルの峠までファットボーイで登っている。勾配は平均7%で最大勾配は16%。峠の手前の2キロほどは自転車から降りて押しながら登るけど、このときにエルゴンのGP3のツノを持つと押しやすいんじゃないか、それとダンシングのときにこのツノを持つとどうなるだろうという目論見。



エルゴン装着追記


いやいいね。今日装着して山へ行ったけど手首の痛み、手のひらの痛みがほとんどなくなった。




ダンシングもしやすくなったし、降りて自転車を押すのもツノの部分が持てるしいい事ずくめ。GP3がダメになったら次はGP5にしてみよう。
後日記:グリップが左右逆ですよとインスタで教えてもらい早速装着し直しました。






2018年4月28日土曜日

ファットバイクにエアサス

IMG_6755

ジャイアントは前後サスだったので僕みたいな下手っぴでもOKだったけどスペシャライズドのファットボーイはリジッド。ぶっといタイヤが衝撃を吸収してくれるのでボヨーンボヨーンの乗り心地がクセになるとの前評判を過信してジャイアントのときのように岩のガレ場を駆け下りたらひっくり返って肋骨を骨折してしまった。
回復してから慎重走行を心掛けたけどそれであらためて確信したのはサスのありがたみ。やっぱり前車のジャイアントと全然違う。ファットボーイは硬くて、路面のガタガタがもろにハンドルを持つ手に伝わってきて白蝋病になるんじゃないかといえば大げさだけど、タイヤの空気圧を0.4Barまで下げてもそんな調子で、コブシくらいの岩だらけの下り坂ではすごく気を使う。







IMG_6756

それでネットでファットバイク用のフロントサスペンションを調べてみたらROCKSHOXのBLUTOというのがメジャーらしいとわかった。このサイトの外人さんも絶賛してるし。
でもこんな外国の、しかもファットバイク専用のフロントサスなんか日本で手に入るんだろうかと半分疑問に思いながらファットボーイを買ったお店に電話してみたら、なんと「ロックショックスのブルートは一つだけ在庫があります。しかも今その商品は2割引セール中ですよ!」と。ほへ~。さっさと買いなさいという神のお告げか。








IMG_6758

そんなわけで前後輪はずしてファットボーイをアバルトに乗っけて行ってきた。作業工程1時間半。適合させるためのいくつかの追加部品と工賃と本体料金込みで9万円ちょっと。
店員さんにサスのセッティングを教えてもらって再び車にバイクを載せて帰宅。








サスのセッティングのメモ。
サグについてはこのサイトがわかりやすい。YouTubeではこちら(英語)
翌日試し乗りしてクッションが固めに感じたのでエアー圧を5barから3barに下げたらサグは23%位になったのでこれでしばらく様子見です。
追記:ROCKSHOX BlutoのサスのチューニングマニュアルPDFダウンロードはこちら(英語)。




IMG_6760

スペシャライズドのカーボンサス。はずしてみてわかったけどすごく軽い!
せっかくのカーボンなのに使わないなんてもったいないけど。






IMG_6726

ヘタレついでにウィベルタのキックスタンドも装着。各部に干渉しないし、安い割に作りがしっかりしてる。







そしてこれはフェアウエザーのhalf frame bag。形がユニーク。前方が大きく後方が縮まっているのでサイクリングボトルに干渉しないすぐれものです。この中には長さ30cmのQZTの電動エアーポンプ、TOPEAK SmartGauge D2、パンク修理キット、ベッセルの板ラチェットドライバーセットを収納。









2018年4月15日日曜日

前途多難

IMG_6675

年甲斐もなく熱心にギター練習したせいか左手が腱鞘炎からバネ指になってしまった。
レッスンも休んでしばらくギターとお別れ。

いやもちろん手を休めればまた弾けるようになるだろうけど、こんなに簡単に腱鞘炎になるということはおそらく練習を再開すればすぐに再発するだろう。
しっかり休んですっかり良くなってから再開したとしても、控えめに控えめに練習するとなるとただでさえ上達が遅いのにまともに弾けるようになるのはいつのことやら。

大きな船から降りて、さぁこれからはこの小舟で行くぞと意気込んで出発したらまたたくまに浸水してきて「この舟では遠くへ行けませんよ」と宣告されたような気分。
なんにせよ張り切って始めるとすぐにガシャーンと門が閉じる感じというのがなんともトホホ。うーん、これがトシをとるということか。
ひどくションボリしてしまったが、自分の中の老年さんと二人三脚することを覚えなくちゃね。

写真はそれでも続けているポルトガル語の筆記。インクはヤード・オ・レッドのブルーブラック。

IMG_6677






2018年4月10日火曜日

人生における入力と出力


現実の世界で収入と支出があるようにバーチャル世界にも収支があるのではないか。
そのインプットとアウトプットのトータルバランスのことを考えている。
ひとが生まれて成長しその過程で様々なことを学習し、働きだしてからその学習した内容を社会に還元する。そして退職する頃には出涸らし状態。いや見た目は以前と変わらないし働こうと思ったら働けないわけじゃないが、その内容はほとんどがルーチンワークで脳はほとんど活動していない。

もちろん高齢になってもバリバリ新しいことにチャレンジして脳をフル回転している人もいるので一概には言えないが、僕の場合は退職する一年ほど前から脳の収入と支出のバランスがマイナスになっている感じがしていた。具体的にはそれは《朝起きたときに仕事に行きたくないという感情》として現れた。
「うつ」に似ている。あるいは「うつ」の一部は脳の収支のバランスがマイナスになっていることが原因なのかもしれないが僕は専門ではないのでわからない。ただ要するにそういった状態が僕の場合は収支の問題だったのではないかと退職してからなんとなく感じている。

さきほど人生の前半は入力、後半は出力とざっくり分けたけれども、もちろん人生の前半にも出力はあるし後半にも入力がある。むしろ後半で出力より入力の多い人もいるだろう。ただ傾向としてはやはり後半は入力より出力のほうが多いと思うし、僕の場合もいろいろ知識や経験や新しいアイデアなどで入力に努めてはいたが結局最後は枯渇してしまった。これは脳の破産と言ってよいかもしれない。

脳が破産するとどうなるか。具体的には「自分に飽きる」。もう逆さに振っても鼻血も出ない。出てこない自分に飽き飽きする。自分のことをつまらなく感じる。自分を捨てたくなる、いやそこまではいかないけど、少なくとも生きる喜びを感じれないまま過ごしていた。

転機になったのは病気の発症だった。2年前にメニエール病になって、眩暈、耳鳴り、難聴のために一時入院。去年の5月末には仕事の続行が実質上不可能になってしまった。そして二ヶ月間休職。ところがこの休職が僕にとって砂漠のオアシスとなった。10年ぶりに海で泳いだり、毎日プールで泳いだり、ジョギングしたりと、まるで小学校の夏休みに戻ったような日々を過ごすことができた。8月に復職したものの結局仕事続行が無理であることを再確認するだけだったので12月に退職させてもらった。

そういう、わがままが出来る境遇であったことには感謝しかないが、そして同じように永年命を削るような修羅場で過ごしてきてまだ戦い続けている同年代の戦友たちには申し訳ないが、今こうして自分のためだけに時間を使える自由というのは、ひょっとすると再び将来の出力のための入力期間なのかもしれないと思って日々セッセとポルトガル語を勉強したりギターを弾いたりして遊んでいる。




2018年4月8日日曜日

弦高をさらに下げる


3月後半の練習後指関節の痛みが取れず6日間ギター練習を休む。
サドルを万力で挟んでヤスリで予定の線まで削り、12フレットの弦高を4.5mmから4mmに下げた。
教則本のpractice2にコードチェンジで指が遊んでしまうところが3箇所ある。
あまりコンを詰めて練習すると先週のように指関節が熱を持ってくるのでiPhoneでタイマー設定し20分練習して40分休むことにする。


2018年4月5日木曜日

書いて覚える

write and learn

やっぱり僕は書かないと覚えられない。
言葉を覚えるときには多角的に脳を刺激することが大切で、見る、聴く、喋る、考えるに加えて書くというのはとても重要な訓練だと思う。