2019年1月29日火曜日

ジョアンの歌唱

IMG_8286

ボサノバの弾き語りにあこがれてギター練習を始めたのが去年の2月だからもうすぐ一年になる。途中腱鞘炎などによるレッスンの中断など紆余曲折を経て、今ようやくイパネマの娘の伴奏ができるようになった。
ポルトガル語学習も同じく一年を経過してロゼッタストーンはようやく三分の一を過ぎたところだが、その甲斐あってイパネマの娘の歌詞を訳すことも出来た。じゃああとは演奏に合わせて歌うだけだ、と思ったがこれがとんでもなく難しい!
高校生の頃は歌いながらフォークギターをジャカジャカ弾いていたので、歌いながらギターを弾くことなどなんの問題もないと思っていたのだが、歳のせいなのか何なのかこれがさっぱりなのだ。

その理由は簡単で、ギターのメロディと歌のメロディが違うために一方が他方に引きずられてしまうこと。それからギターのリズムと歌詞のリズムが違うためにこれもやはり一方が他方に引きずられてしまうのだ。
特にジョアン・ジルベルトの歌唱はすごく融通無碍で歌唱のリズムがゴムのように自由に伸び縮みしているのに、伴奏のギターは知らん顔で正確にリズムを刻んでいる。まるでギター奏者とヴォーカリストが一人の人格の中でなんの矛盾もなく共演しているような感じなのだ。
これは多分彼が幼い頃からギターに親しんできたことが関係しているのではないか。つまり演奏と歌唱が脳の中の別な領域で独立して存在しているのではないか。普通のひとは演奏というものに深くかかわらずに大人になるので、まず歌唱についての脳の領域が確立し、演奏はその歌唱を司っている脳に間借りしているように存在するから演奏が歌唱に引きずられてしまうのではないか。

いや、まぁ出来ない理由を正当化しても仕方がない。まずは歌唱のアクセントとギターのアクセントを図表化したものを作成して、ものすごくゆっくりと合わせていくことにした。本当に出来るようになるんだろうか。












2019年1月21日月曜日

あれこれ老化

去年の11月末にマウンテンバイクで転倒してからずっと右肘が痛い。橈骨近位端骨折かと思ってレントゲンを撮ったが骨に異常はない。右肘の痛みはThomsenテスト、Chairテスト、中指伸展テストも陽性でどうもやっぱりこれはテニス肘だ。
ばね指もそうだったが最近の僕のトラブルは「腱」が関わっていることが多い。考えてみると腱は骨と筋肉の接合部だ。骨が容赦のない「現実」だとすれば、鍛えれば太くなる筋肉は「理想」というふうに位置づけることもできる。とすると理想と現実の相克を引き受けている場所はまさに腱だ。老いに対する焦りで筋肉を酷使すればするほど腱が悲鳴を上げているわけだ。なるほどね。

それから最近飛蚊症が気になるので網膜剥離かと思って近くの眼科でみてもらったら網膜剥離はなくて飛蚊症の原因は硝子体剥離。これは老化現象の一種だけど網膜の一部が菲薄化していて網膜剥離しやすいので要注意とのこと。それから眼圧は正常だけど視野検査で右目の内側がかなり視野欠損しているので正常眼圧緑内障です。アイファガンの点眼一日2回しましょうということで去年12月から点眼治療が開始になった。



2019年1月3日木曜日

イパネマの娘

Olha que coisa mais linda
     Look at (that) more beautiful thing
     あのとびきりきれいな姿をご覧
Mais cheia de graça
     more filled with grace
     神の恩寵に溢れたあの姿を
É ela menina
     She is a girl
     その娘はやってきて
Que vem e que passa
     who comes and pass over
    (僕を見ずに)通り過ぎる
Num doce balanço, a caminho do mar
     in a sweet swing, (on) the path to the sea.
     海へと続く道を スウィートにスイングしながら

Moça do corpo dourado
     Young lady of shining body
     まばゆい肢体を持つあの娘
Do sol de Ipanema
     of the sun of Ipanema
     あの娘はイパネマの太陽
O seu balançado é mais que um poema
     Her swing is more than a poem
     その揺れて歩く姿は詩以上だ
É a coisa mais linda que eu já vi passar
     (And is) the beautiful thing I've never seen before.
     僕がこれまでに見たどの情景よりも美しい

Ah, por que estou tão sozinho
     Ah, why am I so lonely
     ああ でもなぜ僕はこんなに寂しいんだろう
Ah, por que tudo é tão triste
     Ah, why is everything so sad
     ああ なぜすべてがこんなに悲しげなんだろう
Ah, a beleza que existe
     Ah, the existing beauty
     ああ 息づく美としての彼女
A beleza que não é só minha
     The beauty which is not only mine
     僕のものではなく
Que também passa sozinha
     which too, pass-by lonly
     誰のものでもなく一人で去っていく彼女

Ah, se ela soubesse
     Ah, if she could have known
     ああ もし彼女が知っていたら
Que quando ela passa
     when she pass-by
     彼女が通り過ぎるときに
O mundo sorrindo se enche de graça
     that the world is smiling and filled with grace
     世界が恩寵に満たされて
E fica mais lindo
     and is more beautiful
     より一層美しくなるのは
Por causa do amor
     because of love.
     愛のおかげだということを

ポルトガル語題: Garota de Ipanema、英語題: The Girl from Ipanema
作詞:Marcus Vinícius da Cruz e Mello Moraes
作曲:Antônio Carlos Brasileiro de Almeida Jobim

1962年のジョビンの名曲イパネマの娘を原詞のポルトガル語から英語と日本語に訳してみました。
彼女はとても美しく魅力的だけれど、彼女を見ていると寂しく悲しくなるのは彼女がまだ僕や誰かと愛を交わしていないから。そしてもし彼女が僕の横を通り過ぎるときにそのことを知っていたら、僕達は恋人同士になって世界はもっと美しく輝いたかもしれないのに。
という趣旨の曲です。まだポルトガル語を独習して1年なので訳し方におかしなところがあるかもしれません。また英語訳は逐語っぽくしましたが日本語訳は意訳であることをご了承下さい。

この曲はゲッツ/ジルベルト盤(YouTubeへ飛びます)で大ヒットし世界的なボサノバブームを巻き起こしました。
ジョアン・ジルベルトの妻のアストラッドが歌う"Tall and tanned and young and lovely"はモラリスの歌詞をノーマン・ギンベルが英語に置き換えたもので、イパネマの海岸を若い女性が軽やかに歩く様子が歌詞の音感から伝わってきますし、アストラッドのつたない英語の発音が渚を歩く少女のうぶな感じを引き立てているように思います。

しかしWikipediaのイパネマの娘の項目では「英語詞も、モライスの原詞を意味の上では追っているものの、格調はやや劣るきらいがある」とされており、またこちらの英語のサイトでは"The Girl From Ipanema" Lyrics May Not Mean What You Think(イパネマの娘の歌詞はあなたが思っていたようなものではないかもしれない)としてギンベル自身の以下の発言を取り上げていました。
"It's the oldest story in the world... The beautiful girl goes by, and men pop out of manholes and fall out of trees and are whistling and going nuts, and she just keeps going by. That's universal."
拙訳:世界中おなじみのシーン。美しい少女が通り過ぎると男たちはマンホールから飛び出したり木から落ちたり指笛を吹いたり興奮したりする。でも彼女は知らん顔して通り過ぎる。それは万国普遍のイメージ。

万国普遍かどうかはわかりませんが確かにハリウッド映画では定番のシーンですね。
ただやはり原題の詞の世界とはちょっと違う気がします。大筋はそのとおりなのですが原詞は作者の内面の驚き、切なさ、憧れをひそやかに歌っている印象です。


DSCF4005




追記:
ギター練習ももうすぐ1年。練習曲をスキップして今はこのイパネマの娘にチャレンジしていますが弾き語りまではあと半年ぐらいかかりそうです。
そうだ、歌いやすいようにカタカナも付けておこう。

Olha que coisa mais linda
オーリャキコイザマイスリンダ
Mais cheia de graça
マイスシェージグラッサ
É ela menina
エーラミニーナ
Que vem e que passa
キヴェンキパッサ
Num doce balanço, a caminho do mar
ヌンドッセバランソ カミニョドマー

Moça do corpo dourado
モッサドコフポドラド
Do sol de Ipanema
ドゥソジパネマ
O seu balançado é mais que um poema
ウセウバラサードエマイスキュンポエマ
É a coisa mais linda que eu já vi passar
エアコイザマイスリンダキゥジャビパサー

Ah, por que estou tão sozinho
アーポキストタンソジニョ
Ah, por que tudo é tão triste
アーポキトゥドタントゥリスティ
Ah, a beleza que existe
アーアベレザキジスチ
A beleza que não é só minha
アベレザキノエソミニャ
Que também passa sozinha
キ、タンベィンパッサソジーニャ

Ah, se ela soubesse
ア、スィエーラソベッセ
Que quando ela passa
キクァンドラパッサ
O mundo sorrindo se enche de graça
ウムンドソリンドシエンシジグラッサ
E fica mais lindo
エフィカマイスリンド
Por causa do amor
ポカウザダモー












2018年11月24日土曜日

オーブントースターを修理

IMG_7926
2006年に買った象印のこんがり倶楽部(ET-RT85型)。
当時価格コムでは評判が良かったが購入当初からあまりいい印象を受けなかった。というのはそれまで大学浪人時代に買って使っていた安物のオーブントースターだと効率よくバンバン焼けたのにこのトースターではすぐにサーモスタットが働いてしまってなかなか焼き色が付かないのだ。
もちろんうっかり焼きすぎて火事にならないためにこういった工夫が導入された経緯は理解できる。フールプルーフというか、乾かすつもりが電子レンジで飼い猫を焼き殺してしまった消費者が製造者を訴えるような時代なんだし、いやそのへんは自己責任でちゃんとやるからこちらに任せてくれと言ったって通用しない世の中だ。
爾来12年。このトースターを使うたびに僕は文句を言い続けてその都度妻も呆れ顔だったが(なぜか妻はこのトースターに好意的なのだ)、先日ネットでこの手のオーブントースターを自己改造しているひと数人のサイトを見つけて、なるほど僕にもできるかもしれない、きのうポップアップトースターの修理に成功して変な自信をつけてしまった僕は早速作業に取り掛かることにした。


IMG_7927
焼き網ととびらを外した様子。この機種はとびらが簡単に外せる。



IMG_7928
底面のビスと足のビスは全部で13個。全部外す。



IMG_7930
天板のビスを外す(これは本体の後面)。



IMG_7931
そのあと前面の枠のビスと金板を外したらはずせるビスは全部外したことになるのでもうこれでケースを開けることができるはず。そして側板をはずすには天板を先に外さなければならないと気が付いたので、これ、側面と天板の合わせ目なんだけど、これがなぜか外れない。(マイナスドライバーでこじ開けようとしてブリキがねじ曲がってしまった。このへんがド素人)


IMG_7932
実は天板の留め金がこういう形状。天板を前方にスライドさせながら持ち上げると外れるしくみだった(写真はトースターの側面と天板の合わせ目。左が本体の前方)。



IMG_7933
天板が外れると、バラリと側面が勝手に展開して一挙にケースが開いた。感動の瞬間(笑)。
左に開いているのが天板。右側面に配線が見える。ここが今回の目標地点。


IMG_7936
側面のアップ。下が本体の前面。目標とするサーモスタットが見える。



IMG_7938
サーモスタットは庫内の温度を感知するために1本のビスで側面に固定されている。ここで選択肢は2つ。サーモスタットを固定しているビスを外して側面から離してしまうだけにとどめるか、サーモスタットそのものを外してしまって配線を直結させるか。


IMG_7940
僕は直結させてヒューズが飛んだり火事になったりしたら怖いので前者を選択。宙にブラブラさせるのもなんだしサーモスタットに庭の石ころをボンドでひっつけることにした。



IMG_7941
こんな感じ。



IMG_7942
あとはケースを組み立てるだけだ。



IMG_7943
側面はバネみたいに広がりやすいのでガムテープで仮止めしておくと作業がやりやすい。
すべてのビスを留めて作業終了。ところがなんと!電源を入れて様子を見ていると相変わらずすぐにサーモスタットが効いてオンオフを繰り返すではないか!う~む、石ころを挟んだのが良くなかったに違いない。あの石ころは思いのほか熱伝導率がいいのだろう。しかも石ころが熱を持ってしまうとなかなか冷めないので以前よりもサーモスタットが効いてしまう結果になったに違いない!う~む、なんということだ。また一からやり直しか。
ガックリ肩を落として作業再開。しかし要領がわかってしまったので一回目は2時間もかかったが二回目は15分でケースを展開。石ころを外してポイ。サーモスタットが外側を向くように180°回転させたあとケースを閉じて終了した。

IMG_7944
きれいに掃除して試運転。ほどほどのところでサーモスタットも効いているようだし一応成功か。
(言うまでもありませんがこの記事には改造をそそのかす意図はありません(笑)。またどうしても改造される場合は自己責任でお願いします)

追記:後日サーモスタットをはずして直結してみたが勝手にオン・オフする結果は同じだった。また調理メニューを介さずに調理時間だけを設定してもオンオフがかかる。少なくともこの機種は上記のサーモスタット以外にサーモスタット的な働きをする部分があるようだ。
残念ながらこの件に関しては降参。まぁ作業自体が楽しかったからよしとするか。




2018年11月23日金曜日

Russell Hobbsのクラシックトースターを修理

IMG_7912
2008年に買ったラッセルホブスのクラシックトースター(9326JP)の調子が悪い、というのは具体的にパンの片面しか焼けなくなったのだ。2枚を焼くといずれもトースターの中央側の面が焼けない。
僕は新しもの好きなので、よし!買い替えだ!と早速いそいそとネットでトースターを検索していたが、妻は別に片面しか焼けなくてもいい、途中でパンの向きを変えればいい、修理に出せばいいなど、とにかく僕がすぐに新しいものを欲しがってチャチャッと買うことに断固反対なのだ。調べると修理代も馬鹿にならないし面倒なので自分でやってみることにした。
写真はカバーを外した状態。

IMG_7913
これは今回いじらなかったけど正面の電子機器部分。



IMG_7914
素人の僕でもなんとかなるんじゃないかと考えたのは理由がある。以前からパンが片面しか焼けないのはどうしてだろうと不思議に思い、パンを入れずにレバー押し下げ通電を繰り返しながら中を覗いていると、時折矢印の部分で小さく火花が散っているのに気が付いたのだ。はは~ん、あそこで接触不良を起こしてるんだな。



IMG_7916
それで底蓋を開けてみた。矢印は問題の火花が散っていた端子部分。



IMG_7919
3つある端子のうち両外側の端子はしっかり固定されていたが真ん中の端子はドライバーでグイグイやるとやや固定がゆるい。うーむ、そういうことか!わかったでぇ~と嬉しくなりガリ取りくんという接点復活剤を塗布してペンチで両脇の爪を締め付けて通電確認し修理完了。


IMG_7922
往年のマックには羽をはやしたポップアップトースターとトーストがパタパタ音を立てて夜空を飛ぶというふざけたスクリーンセーバーがあって(名前はフライングトースター)このRussell Hobbsのトースターがそのモデルだったという説がある(諸説ございます(®チコちゃん))。僕はそのシュールなスクリーンセーバーのファンだったこともあってこのトースターを買ったのだ。まぁ復活してくれてよかった。復活のお礼にカバーをピカピカに磨いた。


2018年11月13日火曜日

どうなる!?


3月に腱鞘炎からバネ指になって定期的にレッスンに通うのがつらくなり、先生にお願いして4月中頃からレッスンを休むことにした。
それ以後は自分で指の調子をみながらおそろしくゆっくりのペースで教則本のPart3までなんとかたどり着いたが砂漠をとぼとぼ一人で歩いているような虚無感と賽の河原感。

うーむ、よーし!こうなったらそもそもの目標地点だったジョアン・ジルベルトのボサノバ曲にいきなりチャレンジするぞ!そうすればまたモチベーションがアップするぞ!と思いイパネマの娘の練習を始めた。









2018年10月1日月曜日

ロゼッタストーン



NHKラジオでポル語講座をやっていたのを知ってらじこをネット録画できるアプリを探したりしているうちにロゼッタストーンという外国語習得ソフトに目が行った。
これは半年前にポル語の勉強を始めるときにも気になってはいたけど、あまりにも高価なのと、ヒアリングとスピーキングに特化していたのでそのときはパスしたのだった。
でも香川正子著のニューエクスプレスブラジルポルトガル語を一冊終わったあと文法関係は別に購入する教科書で勉強するとして、ヒアリングとスピーキングは教室に通うしかないなと思っていたところだったのが、ちょうどキャンペーンで3000円と安かったことも幸いしてロゼッタストーンをネット学習することにした。
このポルトガル語のコースは初級~中級まで。中身のレベルは1,2,3の三段階。各レベルの中に4つのユニット(計12ユニット)。各ユニットの中に5つのレッスン(計60レッスン)。各レッスン内に発音や文法など10のテーマ(計600テーマ)。そして各テーマ内に10~40の設問がある。したがって設問の総数は6,000~24,000くらいだろうか。
一日1レッスンこなせば2ヶ月で終わるが1レッスンあたり100~400の設問となるのでかなり大変。一日2テーマならこなす量としては妥当と思うがそれでも300日かかる。

ロゼッタストーンを始めて一週間。僕は一日家にいるのですでに1ユニット終了した。この調子でこのまま1週間で1ユニット進めば3ヶ月で終了のペースだ(あくまで予定)。
デスクトップPCのときはバッファローのマイクだがiPhoneのアプリを使うときはiPhoneの内蔵マイクでそのまま出来る。
このソフトは以前はCDROMを買う高価なシステムだったのが、やがてダウンロード販売になり、最近ではオンラインで出来るようになったのが安価になった理由だろう。オンラインになったことでデスクトップPCでもiPhoneでもiPadでも使えるようになったのはとてもいいと思う。出先でもどこでもレッスンできる。今まで正しい発音が全然できていなかったので、おお、こういうふうに発音するのかとわかってうれしい。何度もまねてしゃべる。



僕は家にいるときは妻の話を聞く一方で自分からはほとんどしゃべらないので発話機能がどんどん退化して声門も萎縮しているのを自覚していた。少ししゃべるとすぐに声が枯れる。
でもロゼッタストーンをやりだしてからやたらめったらしゃべる、しゃべる、しゃべる。
それが一番うれしくて脳も喜んでいる。